女性の薄毛改善のためのダブルインパクト

CMやネット上で育毛剤や育毛治療の医療機関の広告が絶えないのは、それだけ薄毛や脱毛で悩む人が多いという証拠でもあります。薄毛というと歳をとった男性がなるものというのがイメージですが、最近では生活習慣の変化やストレス、加齢による体の変化によって、女性でも髪の悩みを抱える人が増えているというのは知っているでしょうか?
抜け方は男性とは違い、女性は髪の毛が後退するような抜け方ではなく、部分的に抜けるような症状があらわれるという違いがあり、有効な治療法も男女では異なるのが普通の病気の症状との違いです。

男性の薄毛の原因はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが影響して、それが頭皮や頭髪に影響することによって抜け落ちてしまいますが、女性の場合にはDHTが問題なのではなく、ストレスや加齢による女性ホルモン分泌の減少が原因であることがほとんどなので、それに対しての対策を行っていくことが解決のポイントになります。
医療機関で薄毛改善にも使われているダブルインパクトという育毛サプリは、女性ホルモンの代わりとなる大豆イソフラボンを高濃度に配合したサプリで、1粒あたり25mgという圧倒的な含有量を誇っているのが特徴です。大豆1粒には大豆の重さの0.4%しか含まれていない希少成分で、普通の大豆イソフラボンサプリには1粒あたり1mgくらいしか含まれていないことがほとんどです。
ダブルインパクトには他にも、血行促進に良いカプサイシン(唐辛子成分)が配合されており、これに「IGF-1」という若返り因子を刺激して、活性化させる効果が期待出来ます。ダブルインパクトは「IGF-1」の理論に基づいて作られており、カプサイシンで若返り効果をアップさせて、さらに大豆イソフラボンの効果で女性ホルモンの分泌量を増やしていくことが出来るので、育毛に良い環境を体の内側から整えることが出来るというメリットがあり、さらに分け目にできる脱毛症(びまん性脱毛症)などの様々な脱毛症にも効果を発揮してくれると言われています。
ダブルインパクトに含まれているのはカプサイシンと大豆イソフラボンの2つがメインなので、男女関係なく使うことが出来ます。男性用の育毛剤などは男性ホルモンの働きを抑えるのが目的なので効果が出なかったり、使えないこともありますが、ダブルインパクトは誰でも使えるので安心です。
髪の抜け方によって治療法やサプリを使い分けなければいけないということも言われていますが、ダブルインパクトはどのような抜け方に対しても効果が期待出来て、朝晩の2回だけ飲めば良いという使いやすさがあるので、男女関係なく便利に使うことが出来ます。

ここまで見て、ダブルインパクトはカプサイシンと大豆イソフラボンのダブル効果で「IGF-1」の働きを促進して、アンチエイジングをしながら育毛効果を高めていくことが理解できたでしょうか?
最近では育毛のポイントは、この「IGF-1」にあるとも言われており、これは13〜17歳の思春期をピークに減少してしまうので、それを補うことが薄毛を食い止めるのには重要だと考えられていて、様々なサプリでその作用を含ませようとして努力しています。
「IGF-1」は育毛促進を促してくれる物質で、さらに分泌量が増えると若返り効果が期待出来ると言われているので、年齢を感じ始めた男女には是非とも注目しておきたい成分です。
ダブルインパクトは男性ホルモンの働きを抑えて薄毛を予防するような男性用のサプリではなく、男女共通して使えるというメリットがあるので、年齢によって髪が気になってきたら、夫婦で使ってみるというのも良い使い方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です